好奇心マガジン

鶴岡りさの本「マッチングアプリで・・」を実践したら彼氏ができた

前から気になって読んでた鶴岡りささんのブログ。
何冊か本を出版しているそうで特に
「マッチングアプリで運命の人も超える理想の彼と結ばれる」が気になりました。

自分も丁度マッチングアプリをやっていてあまりうまくいってなかったので
この本を素直に実践してみようと思い購入してみました。

最初は、この人は元から綺麗だしな~と思っちゃう自分もいたけど
実際にやってみると男性からの反応が全然違くてびっくり!

そして本当にマッチングアプリで初めて彼氏ができて今幸せです。
ってただのノロケじゃなくて本のどの部分が参考になったのかをまとめました。


鶴岡りささんが夫と出会ったアプリは?

「マッチングアプリで運命の人も超える理想の彼と結ばれる」という本を出されてるぐらいなので、
鶴岡りささんもマッチングアプリで素敵な旦那さんと出会えて結婚されました。

現在は、妊娠中だそうです。(2019年11月現在)

旦那さんとのツーショットめっちゃ素敵ですよね。


マッチングアプリと言っても、今や凄い数があってどれがいいんだかわからなくなるんですよね。
その時は、一番参加者が多そうなペアーズをやっていました。

ところで、りささんってなんのアプリやってたんだろう?って思ってたら
本に書いてあったんですが『Omiai』というアプリでした。

Omiaiはやったことなかったので、そこも真似してやってみました。

やってみると本のやり方を実践したからなのか?
いいねの数が今までアプリやってた時の二倍になりました。

その中で好きになっていい感じの人もいたんですが、
付き合うまでにはならず停滞状態になったので
前やってたwithというアプリを再開しました。


なぜwithを再開したかは、メンタリストのDAIGO監修で
アプリの中の心理テストで自分の性格や恋愛タイプも知れるのも楽しいし
その心理テストの結果を踏まえてこの人相性いいですよ!って
教えてくれるのも良かったからです。

その結果、あるテストの結果が自分と同じタイプだった人の中から
今の彼氏を見つけれたんですよ!!

 

 

鶴岡りささんの本で良かったこと

「マッチングアプリで運命の人も超える理想の彼と結ばれる」を実践して特に参考になったことは・・・

マッチングアプリの写真の撮り方・加工

りささんの教えでは、カフェとかで上半身の撮影が良いと言ってますが
私は、友達に写真を撮ってもらうと顔がどうしても引きつってしまうんです。

自撮りが一番いいんですがそれだとドアップになってしまうんですよね。
そこで100均で購入したスマホを立てれるやつを買って
テーブルとかに置いてスマホをタイマー設定して撮影しました。

個室のあるカフェでなら一人でも人目を気にせず撮れますし、
家で落ち着いて撮るのも良かったです。

家の場合は、背景を気にして観葉植物の前で撮ったり
なるべく家感を出さないよう工夫しました。

その結果、自撮りでもいい感じの表情と距離感で撮れました。

本には、写真付きで分かりやすくこういう写真がいいとかダメとか書いてあったので
とても参考になりました。

服も暗めの色ばかりだったので写真用に明るい色の服を着て撮りました。

あと写真加工の説明が丁寧で分かりやすかったです。
そこまでやるの?っていうぐらい細かく色々やってるんですよ。
でも加工したとわからないぐらいの絶妙な感じが凄いです。

まさに「ナチュ盛り」です。
男性にはわからないであろう加工技術だなと思いました。

マッチングアプリのプロフィール

本にプロフィールのお手本とダメな文が載ってましたが、
ダメな文は、思い当た節があってこれ無意識にやってるわ~と
思いました。

プロフィールのお手本では、あるハズシの一文を入れるといいというのが、
恥ずかしさもあり目から鱗でした。

自分も本の真似をして体験したことを書いたら、
反応が全然違いました。てきめんです。

メッセージの中でそれに触れてくれる人が沢山いました。

その一文を入れると親近感もわくみたいです。


マッチングアプリあるあるでのマインド

アプリをやってると心が折れることもよくあるんですけど、
この本にはそういうアプリあるあるに対してのマインドが沢山書いてあるので
そっか~そういうことかと楽になってまた頑張ろうと思えました。

例えば、一人に固執してしまうと追う恋愛になりがちで
心に余裕がなくなってしまい魅力も半減する。


確かに、以前はこの人がいいとかうまくいってると
その人だけに集中して他の誰とも交流しなくなってました。

それでその人と音信不通になったりすると
ダメージをかなり受けたりして
アプリやめようかなと思ってましたね。

でもやっぱり本当に付き合うまでは、
色んな人を見て複数人と交流するべきだなって実感しました。

その方が明らかに傷も浅く次に行こうってなれました。

それを繰り返した結果、今の彼氏とも出会えて付き会えたんです。

最初は、この本で実験してみようぐらいの軽い気持ちでしたが
行動してよかったです。

鶴岡りささんにも感謝( *´艸`)